業務用・産業用除湿機
98/100

据付工事・サービス時のご注意◎重点ポイント ①冷媒が漏れた場合は換気する。 ②火元になるものは遠ざける。 ③指定以外の冷媒を使用しない。●作業中の注意事項フロンガスは空気より重いので、漏えいした場合には床面付近に溜まる傾向があります。室内に充満すると窒息などの危険があります。また、冷媒R32の場合はわずかに燃える性質があるため、燃焼濃度に至る可能性があります。酸欠の回避、燃焼濃度の回避のためにも適切な換気を行って作業環境を保つようにしてください。・地下室や密閉された部屋で据付工事や修理などを行う場合は、局所排気装置での換気を行ってください。・据え付け・修理・移設・撤去などの作業を行う場所では、ファンヒーター・ストーブ・コンロ・電気ヒーターなどの火元となるものは十分に遠ざけ、喫煙はしないでください。・据え付け・修理・移設・撤去などの作業を実施する場合は、作業前と作業後に冷媒漏れチェックを実施して冷媒漏れまたは残留冷媒のないことを確認してください。作業中も冷媒ガス漏れ検知器を携行し、周囲に冷媒漏れがないことを確認しながら作業してください。・ろう付け作業前には必ず周囲の可燃物を排除し、冷媒漏れチェックを実施して冷媒漏れまたは残留冷媒のないことを確認してから、ろう付け作業を実施してください。ろう付け作業中も冷媒ガス漏れ検知器を携行し、周囲に冷媒漏れがないことを確認しながら作業してください。また、冷媒漏れを検知した場合は、ただちに溶接機の火を消して十分な換気を行ってください。・万一、作業中に冷媒漏れが確認された場合は、安全のため、適切な換気が行われて作業環境が改善されるまでは火気を使用しないでください。・工事や修理が終了した後、冷媒ガスが漏れていないことを確認してください。●冷媒に関する注意事項指定された冷媒以外の物質を混入させないでください。事故や故障の原因となります。冷媒の種類は、機器に付属の取扱説明書、および機器本体の銘板に記載されています。冷媒に関わる施工概要■冷媒接続配管肉厚の選定設計圧力の変更に伴い、冷媒接続配管肉厚が変更となります。変更となる冷媒接続配管肉厚を右表に示します。銅配管の場合、材質によって配管肉厚が異なってきますのでご注意ください。1/2H材の場合、配管曲げ作業ができなくなりますので、曲がり部にはエルボを使用してろう付け接続を行ってください。また、フレアナット寸法が一部変更となります。これはJIS B 8607「冷媒用フレアおよびろう付管継手」により規定された右表のように変更になります。■据付工事の流れと施工上の留意点〈冷媒配管工事・気密試験・真空乾燥・冷媒追加封入〉◉ 印:新規(規準変更)  ◯ 印:従来と同様に徹底・厳守〈施工の相異〉〈据付工事の流れ〉工事区分の打ち合わせ使用冷媒の確認設置環境の確認施工図作成スリーブ・インサート工事室内ユニット据付け施工前の準備冷媒配管工事(ドライ・クリーン・ノンリーク)ドレン配管工事ダクト工事保温工事室外ユニット基礎工事室外ユニット据付け電気・制御配線ディップスイッチ設定気密試験真空乾燥(真空度厳守)冷媒追加封入化粧パネル取付け試運転チェック引渡し取扱説明〈R410A〉R410A(最大4.15MPaゲージ)( )内は気密試験圧力を示す〈R32〉R32(最大4.15MPaゲージ)( )内は気密試験圧力を示す製品には互換性が全くありませんR410A対応製品であることを確認してください計測器・工具(R410A専用)1. 配管は適正な材質・肉厚を選ぶ2. 配管内部の清浄管理徹底3. ろう付け時の窒素ガスブロー必須4. ろう付け後、配管内のフラッシング必須5. フレア加工の仕上がりを厳密に6. フレア部に塗布の油は合成油7. トルクレンチの使用厳守R410A対応製品であることを確認してください◉R32対応製品であることを確認してください◉計測器・工具(R32専用)◯1. 配管は適正な材質・肉厚を選ぶ◯2. 配管内部の清浄管理徹底◉3. ‌ろう付け前に冷媒検知器(電子式)で冷媒漏えいがないことを確認◯4. ろう付け時の窒素ガスブロー必須◯5. ろう付け後、配管内のフラッシング必須◯6. フレア加工の仕上がりを厳密に◯7. フレア部に塗布の油は合成油◯8. トルクレンチの使用厳守◉R32対応製品であることを確認してください◉室内ユニット:床面積は下記室内最小床面積以上厳守馬力35室内最小床面積30m240m2◉室外ユニット:半地下や四方が囲まれた場所への設置禁止気密試験圧力4.15MPa×24時間1. ‌真空引き時間は1〜2時間(水分除去) [-755mmHg以下(5Torr以下)が基本]2. 逆流防止真空ポンプアダプターを使用1. 使用冷媒(ボンベ)の確認2. 冷媒封入は必ず液で封入3. ‌マニホールドバルブ・チャージホースはR410A専用のものを使用4. 追加冷媒量を室外ユニット銘板に記入5. ‌ガス漏れチェックはR410A専用のものを 使用◯気密試験圧力4.15MPa×24時間◯1. ‌真空引き時間は1〜2時間(水分除去) [-755mmHg以下(5Torr以下)が基本]◯2. 逆流防止真空ポンプアダプターを使用◉1. 使用冷媒(ボンベ)の確認2. R32では基本的には液で封入するがガスでも封入可◉3. ‌マニホールドバルブ・チャージホースはR32専用のものを使用◯4. 追加冷媒量を室外ユニット銘板に記入◉5. ‌ガス漏れチェックはR32専用のものを使用(燃焼式は使用不可)フレアナット銅管二面幅B冷媒配管用銅管の肉厚(mm)冷媒銅管外径R22R32・R410A銅管材質銅管材質φ6.350.6O材0.8O材φ9.520.8O材0.8O材φ12.70.8O材0.8O材φ15.881.0O材1.0O材φ19.051.0O材1.01/2H材φ22.21.2O材1.01/2H材φ25.41.2O材1.01/2H材φ28.581.4O材−−φ31.751.4O材−−φ38.11.65O材−−(JIS B 8607)(注)上記以外の薄肉配管は絶対に使用しないでください。フレアナット寸法B(mm)呼称銅管外径フレアナット二面幅BR22R32R410A1/46.3517173/89.5222221/212.7024265/815.8827293/419.053636用途一覧表注目製品機種一覧表主 な 特 長オプション部品・改造項目そ の 他仕様表・寸法図・電気配線図ほか(冷却機能付機)仕様表・寸法図・電気配線図ほか(再熱専用機)97

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る