業務用・産業用除湿機
71/100

ドレンアップメカ寸法図190260270801654045エアコンドレン接続口(VP13,左右)38ケーシング(カバー)ドレン配管接続口 (VP20)5570110206040403×長穴(6×40)1508×長穴(6×15)2×長穴(12×20)40ドレンアップメカ据付穴位置3.4kgガラス製抗菌剤(銀イオン系)1. 本ドレンアップメカは、日立除湿機に装着して使用するものです。ドレンアップメカ以外の詳細寸法は、各寸法図を 参照してください。2. 図中破線部分は、現地工事区分を示します。3. 油雰囲気などドレン水中に不純物が混入する恐れのある場所に設置した場合、ポンプ能力低下により水漏れや アラーム停止の原因となります。4. 本ドレンアップメカの取り付け、ご使用に際しての詳細はドレンアップメカに付属の据付点検要領書に従ってください。PS樹脂取付位置消費電力ドレン配管接続口質 量付属品保護装置抗菌剤据付注意点据付制限保守点検ケーシング(カバー)材質(色:マンセル記号)配線ドレンアップメカ結線済型式項目最大ドレンアップ高さドレンアップメカ下面より1000mm7.0W(50/60Hz)PVC管,VP20接続}(除湿機に接続)電源:AC1~100V 50/60Hz制御:DC12V壁面設置:壁面に垂直取り付け(ねじ固定4カ所)吊り設置:固定金具を使用して吊りボルトに固定本体設置:固定金具を除湿機本体に設置して固定DURK-08C・除湿機およびドレンアップメカは、必ず水平に設置してください。(傾斜設置した場合、水漏れ,異常停止の原因になることがあります。)・ドレン配管接続口には、必ず付属のドレンホースを使用し、ドレンアップメカを取り付けてください。・ドレン配管外周には断熱材を施工し結露がないようにしてください。・ドレンアップメカを除湿機本体設置する場合、除湿機本体の振動を受け、ドレンアップメカの振動が大きくなる場合があります。フロートスイッチ、操作回路ヒューズ、インターナルサーモスタット(ポンプ内蔵)ポンプ組品、ドレンホース、クランプ、断熱材、ねじ、中継配線、接続配線、固定金具、サービスカバー、据付点検要領書・水槽の清掃・・・1回/年 ・ドレンポンプの清掃・・・1回/年・フロートスイッチの清掃・・・1回/年 ・抗菌剤の交換時期・・・運転10,000時間(約5年)・ドレンアップメカは除湿機下面より50mm下げた位置に設置してください。正しく設置されない場合、水漏れ、異常停止の原因となることがあります。・除湿機端子台2次側からドレンアップメカの電源を供給する場合は付属配線を取り付けてください。・最大ドレンアップ高さは、必ず1000mm以下としてください。1000mmを超えた場合、ドレンポンプ性能を越えるため、ドレンが排水できず、異常停止する場合があります。・ドレン立上げ用配管(現地準備品)は、ドレンアップ高さに合わせ施工(左図施工例参照)してください。(ドレンアップ高さの調節はドレン立上げ用配管で行なってください。)・ドレン配管は逆勾配(上り勾配)の部分や立上がり部を作らず、1/100以上の下り勾配で施工してください。(ドレン水逆流防止)・コンセントコード(別売)を併用する場合は、ドレンアップメカ電源配線を除湿機本体電源端子台2次側に接続することができません。・ドレンアップメカを本体設置する場合、別売のフィルターボックスと併用することができません。・ドレンアップメカ接続配線は不要です。用途一覧表注目製品機種一覧表主 な 特 長オプション部品・改造項目そ の 他仕様表・寸法図・電気配線図ほか(冷却機能付機)仕様表・寸法図・電気配線図ほか(再熱専用機)70

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る