業務用・産業用除湿機
100/100

SR-513R■製品の色は印刷されたものですから実際の塗装色とは若干異なります。このカタログに掲載した内容は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。信用と行きとどいたサービスの当社へPrinted in Japan( B )〒105-8410 東京都港区西新橋二丁目15番12号販売元製造元印刷・発行 : 2020年8月業務用・産業用除湿機保証期間のお知らせ保証期間1年ISO 9000シリーズ当事業所の設計・製造体制の品質が認められました。JQA-QM5977当事業所は、業務用冷凍空調機器、環境試験装置を設計・製造する国内事業所で品質マネジメントシステムに関する国際規格ISO 9001の認証を取得しています。日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社清水事業所JQA-QM5977 2001年1月取得ISO 14000シリーズ当事業所の環境保全活動が認められました。EC97J1107当事業所は、業務用冷凍空調機器、環境試験装置を設計・製造する国内事業所で環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001の認証を取得しています。日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社清水事業所EC97J1107 1997年10月取得ISO 45000シリーズ当事業所の安全衛生活動が認められました。WC18J0002当事業所は、業務用冷凍空調機器、環境試験装置を設計・製造する国内事業所で労働安全衛生マネジメントシステムに関する国際規格ISO45001の認証を取得しています。日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社清水事業所WC18J0002 2018年7月取得日立業務用・産業用除湿機の保証期間は、お買い上げ日または据付日または試運転完了日から起算して1年間です。〈営業拠点〉北日本支社北海道営業所中部支社北陸支店九州支社(022)266-1321050-3142-0621050-3144-9820(076)429-4051050-3142-0629関東支社西日本支社中四国支店四国営業所050-3154-3973050-3181-8205(082)240-6154(087)833-8701●●●●●■使用対象について●このカタログに掲載の商品は、国内向け除湿乾燥用途の業務用・産業用除湿機です。そのため、海外への販売およびアフターサービスは受けかねますのでご了承ください。◎血清・ワクチン・医療品や動植物・精密機械および美術品の保管など、特殊用途の除湿乾燥用途には絶対に使用しないでください。また、生命や財産に関わる用途、高度な安全性や信頼性を要する用途には使用しないでください。◎揮発性・引火性のある薬品および類似品(たとえば、ベンジン・エーテル・接着剤・LPGなど)の貯蔵用途には絶対に使用しないでください。引火、爆発する危険があります。◎車両・船舶の空調用などとしては使用しないでください。 水漏れ・漏電の原因となります。■ご使用に際して●ご使用の前に、「取扱説明書」をよくお読みのうえ正しくお使いください。●低温・低湿の条件では、定期的に除霜運転を繰り返し、連続的な除湿運転や冷却運転はできません。■据付けに際して●漏電遮断器を必ず設置してください。法規(電気設備に関する技術基準を定める省令)により設置が定められています。設置 しないと地絡により火災や感電の原因になります。●据え付けは販売店または専門業者に依頼してください。ご自分で据付工事をされ、不備があると、施工不良・感電・火災の原因になります。●小部屋に据え付ける場合は、冷媒漏えい時の限界濃度を超えない対策が必要です。このカタログに掲載の除湿機に使用している冷媒(R32・R410A)は、それ自体は無毒の安全な冷媒ですが、万が一、室内に漏れた場合その濃度が許容値を超えるような小部屋では、冷媒R32では窒息や火災など、冷媒R410Aでは窒息などの危険があり許容値を超えない対策が必要です。また、冷媒R32を使用している機種は室内最小床面積などの制約事項を厳守してください。●冷媒R32を使用している機種は運搬の際、ミニバン等の荷台と運転席が一体となっている輸送車、またはコンテナ等の密閉空間で万が一、輸送中のユニットから冷媒が漏れた場合、換気が少ないと高濃度で充満する恐れがありますので、火気に注意してください。●据え付けは、強度が十分で平らな所に水平になるよう設置してください。床面が軟弱であったり、傾斜・凹凸があると、本体が傾き、転倒・水漏れの原因になります。●室内ユニットは屋内仕様です。風雨が浸入するような場所または屋外で使用されますと、漏電・感電の原因になります。また、法的な規制もありますので、専門業者にご相談ください。●電気工事は、「電気設備に関する技術基準」「内線規定」および、据付点検要領書に従って施工し、必ず専用回路にし、第3種接地工事を実施してください。●必ず当社指定の冷媒を封入してください。封入冷媒の種類は、機器付属の取扱説明書あるいは機器本体の銘板で確認してください。それ以外の冷媒を封入して生じた不具合(誤作動や故障等)や事故については、当社としては一切その責任を負いかねますのでご了承ください。■ご使用場所について●可燃性ガスの漏れる恐れや引火物のあるところへは据え付けないでください。可燃性ガスの発生・流入・滞留の恐れがある場所やカーボン繊維や金属粉が浮遊する場所では火災の原因になることがあります。●食品の微細粉(小麦粉・うどん粉・そば粉など)や繊維・ホコリなどが浮遊する場所では、フィルターおよび熱交換器の目詰まり、ドレン水の詰まりを起こし水漏れの原因となることがあります。また、微細粉が熱交換器に付着した場合、水飛びの原因となることがあります。■移設について●移設または、増設は販売店または専門業者に依頼してください。工事に不備があると、施工不良・感電・火災の原因になります。安全に関するご注意・お客さまが弊社にお電話でご連絡いただいた場合には、正確にご回答するために、通話内容を記録(録音など)させていただくことがあります。・ご相談、ご依頼いただいた内容によっては、弊社のグループ会社や協力会社にお客様の個人情報を提供し対応させていただくことがあります。FAX:0120-578-012 〈365日・24時間受付〉携帯電話・PHSからの場合 TEL:0570-078-078(有料)〈受付時間:平日9:00~19:00 土日・祝日・弊社休日9:00~17:00〉TEL:0120-578-011技術相談センター技術的なお問い合わせはこちらへご連絡ください。https://www.hitachi-gls.co.jp/会社の詳細はこちら ▶https://www.hitachi-gls.co.jp/business/製品の特長はこちら ▶修理のご依頼はお買い上げ店へご依頼ください。お買い上げ店が不明な場合等は、下記へご依頼ください。FAX:0120-649-021 〈365日・24時間受付〉〈365日・24時間受付〉TEL:0120-649-020空調修理コールセンターhttps://www2.hitachi-gls.co.jp/製品の図面検索などはこちら ▶

元のページ  ../index.html#100

このブックを見る