クーリングタワー
11/16

10各種仕様・オプション一覧No.仕  様目    的適用(対応機種)低騒音型サーモコントロール式低騒音型1.耐熱 60℃仕様高温水冷却用として、入口水温が46℃を超え60℃以下の場合に使用します。○─2.耐熱 80℃仕様高温水冷却用として、入口水温が60℃を超え80℃以下の場合に使用します。15L2~80L1─3.耐塩仕様(重耐塩)最近の設置場所の多様化などを考え、標準仕様品よりさらに耐塩害性を向上させたものです。○○4.公共建築工事標準仕様官公庁へ納入する場合、それぞれの官公庁仕様に対応するための改造が必要です。代表として公共建築工事標準仕様を準備しています。15L2~100L215R2~100R2No.オプション名対 応 内 容適用(対応機種)低騒音型サーモコントロール式低騒音型1.水量比改造機種選定時、水量が80%未満(機種により異なる)のときに、スプレーパイプの改造が必要になります。(4ページ参照)○○2.自然落下改造クーリングタワーを既設水槽上に設置し、循環水を直接既設水槽内に自然落下で排水する場合に取り付けます。自然落下用配管(現地配管)には必らずサポートを設けてください。○─3.電圧改造異電圧(220V〜440Vなど)(周波数により制限あり)○○4.FRPダクト付吐出方向の変更、ショートサキットの防止などに使用する場合に取り付けます。現地据付時に組立作業を必要とします。○○5.送風機発停用サーモ付循環水の水温が低下すると自動的に送風機の運転を停止(25℃ON−19℃OFF※可変式)し、水温低下防止用として用います。○─(標準装備)6.ヒーター・安全装置付冬期クーリングタワーを使用する場合、運転休止時に循環水の凍結を抑制するための電気ヒーターです。○○7.防振装置付属(スプリング)ビルの屋上などに設置し、防振に特別な配慮が必要な場合に用います。○○8.薬注装置付属水質管理として「薬注装置」を別途付属品として準備しています。現地据付時に個別に取付作業を必要とします。○○9.自動ブロー装置付属水質管理として「自動ブロー装置」を別途付属品として準備しています。現地据付時に個別に取付作業を必要とします。○○10.耐震強度水平1.5G通常は耐震1.0G(水平震度1.0)ですが、耐震強度を1.5G(水平震度1.5)にアップさせた改造を行います。○○11.保護網防葉・防鳥・安全対応として保護網(50mm目・25mm目)を準備しています。○○

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る