スクロールクーリングシステム
236/262

標準リモコン機能標準リモコン運転制御各機器の動作冷却運転制御サーミスターで庫内温度を検出し、圧縮機の運転/停止や回転数制御(インバーター機)することにより、庫内温度を制御します。圧縮機の運転/停止は、設定温度−1℃と温度差の値をマイコンで判断し行います。圧縮機保護のため再運転遅延機能(3分オフガード)と停止遅延機能(3分オンガード)の強制運転/停止制御を採用しています。したがって、冬期などで負荷が極めて小さい場合には、庫内温度が設定温度より冷える場合がありますので、ご注意ください。動  作機  器リモコン「ON」サーモスタット「OFF」サーモスタット「ON」圧  縮  機凝縮器用送風機電磁弁(液インジェクション)蒸発器用送風機(注)1.  印は「ON」を示します。設定温度温度差-1℃圧縮機ONOFFONOFF(注)1.2.3.液インジェクション制御は、吐出ガス温度によって自動的に電磁弁の開閉を制御します。複数台同時制御の場合は、1つの設定温度に対して、各ユニットが個別に圧縮機の運転/停止を制御します。庫内温度は、全接続ユニットの吸い込み温度平均値を表示します。庫内温度℃設定運転除霜除 霜停止運転あげるさげるデジタル表示部除霜ランプ(赤色)△・▽スイッチ運転/停止スイッチ運転/停止スイッチを押すと、運転を開始します。再度スイッチを押すと停止します。異常停止状態と異常表示をリセットします。手動除霜スイッチ運転ランプ(赤色)・庫内温度・設定温度・温度差・除霜周期・除霜時間・異常コード・高温警報(HI)・低温警報(Lo)・除霜運転中(dF)除霜運転中に除霜ランプが点灯します。除霜準備運転中※、ランプが点滅表示します。※除霜運転開始までの間、約1分間運転/停止スイッチを押すと、運転ランプが点灯(運転中)します。再度スイッチを押すと消えます(停止中)。異常の場合、ランプが点滅表示します。除霜スイッチを押すと、除霜ランプが点滅または点灯し、除霜運転を開始します。除霜運転後、自動的に冷却運転に戻ります。各温度と時間の設定に使用します。スイッチの▲部あるいは▼部を押すと変化します。▲スイッチを押すと警報(高温・低温・フィルター警報)表示をリセットします。設定スイッチ設定温度を変更するときや 設定温度の確認の表示切り替えに使用します。(注) 警報:警報(高温・低温・フィルター警報)が発生すると、庫内温度と警報コードを交互表示しながら、運転を継続します。   異常:保護装置作動などの異常が発生すると、異常コードを表示し、直ちに運転を停止します。   フィルター警報はR404A定速機のみの警報コードとなります。R410Aシリーズ インバーター機R404Aシリーズ 定速機冷蔵用:- 5~ 20℃冷凍用:-25~- 5℃高温用(H):  5~ 20℃中温用(M):- 5~ 15℃ 1℃単位の設定低温用(L):-25~- 5℃1~5℃ 1℃単位の設定5~60分 5分単位の設定3~30分 1分単位の設定1~5分 1分単位の設定冷却器ファン風量自動切替除霜方式自動切替冷蔵用:ホットガス方式+ドレンパンヒーター冷凍用:ホットガス方式+ドレンパンヒーター高温用:オフサイクル方式中・低温用:ホットガス方式+ドレンパンヒーター0~12時間 1時間単位の設定(圧縮機の運転積算時間をカウント)または、サイクル温度を検出し、着霜過多の時に除霜開始保護装置作動・相検出異常・サーミスター異常・保護装置検出回路異常最大16台(1台リモコン制御)庫内温度≧設定温度+高温警報温度差の状態が遅延時間以上経過した場合に表示(運転は継続)庫内温度≦設定温度-低温警報温度差の状態が遅延時間以上経過した場合に表示(運転は継続)吐出ガス温度≧フィルター警報温度の状態が遅延時間以上経過した場合に表示(運転は継続)●制御機能ON/OFF 温度差水切り時間周期時間ファン遅延時間冷却運転高効率制御高温警報低温警報フィルター警報除霜運転異常複数台制御同時制御設定温度庫内温度制御除霜制御警報除霜方式除霜間隔1℃単位の設定-コントローラー設備設計・据付上のご注意R404Aクーリングシステム セット型インバータースクロールR404Aクーリングシステム セット型スクロールクーリングシステム セット型インバータースクロールR410Aクーリングシステムセレクト型R410AR404A冷凍冷蔵ユニットクーリングシステム セット型インバーターR448A235

元のページ  ../index.html#236

このブックを見る