スクロールクーリングシステム
207/262

インバータークーリングシステムを上手にご使用いただくために、次の事項にご注意ください。本システムの使用範囲を下表に示します。この範囲内でご使用ください。本システムの使用範囲と合わせ、冷凍機の使用基準内(下表)でご使用くださるよう試運転時に調整を行ってください。1.吸入配管には十分な断熱を施してください。保冷材の厚さは冷蔵用で50mm・冷凍用で75mmが概略の目安となりますが冷凍機の寿命と経済運転のためにも必ず適正な保冷を行ってください。2.冷凍機は液配管が周囲温度以下に低下することがありますので、液配管の断熱施工(KX-T6AMV・KX-T7AMV・KX-T8AMV 推奨厚さ:冷蔵域10mm、KX-T10AMV(AV)・KX-TM12AMV(AV)〜KX-TM40AMV(AV) 推奨厚さ:冷凍域30mm、冷蔵域20mm)を実施してください。3.冷凍機の運転・停止の繰返しは1時間に6回以内・運転時間は5分間以上・停止時間は5分以上になるよう各機器を調整してください。4.冷凍機の周囲は、規定のスペースを確保してください。5.冷凍機から発生する運転音が近隣に迷惑がかからない場所に据え付けてください。6.次のような場所には設置しないでください。冷凍機が故障する原因となります。● 油(機械油も含む)の飛沫・蒸気の多い場所● 温泉地など硫化ガスの多い場所● 可燃性ガスの発生・流入などの恐れがある場所● 海岸地帯などの塩分の多い場所● 酸性またはアルカリ性の雰囲気の場所● 排熱ができない場所(設置スペースが確保できない場所など)7.電磁波を発生する機器の付近に据え付ける場合は、電磁波放射器の発信面が直接冷凍機本体の電気品箱に対向しない位置に据え付けてください。8.ノイズの空中伝搬の影響を避けるため、ラジオなどの受信機より冷凍機本体および電源線を3m以上離してください。9.冷凍機は国内向けの一般冷凍・冷蔵用のコンデンシングユニットです。血液・ワクチン・医療品など厳重な温度管理を必要とする用途に使用される場合、販売店または専門業者にお問い合わせください。10.貯蔵物の解凍事故などへの拡大につながらないよう警報装置の設置および温度管理システムの確立をお願いします。■使用基準■ご使用上の注意●使用範囲高温用中温用低温用庫内(蒸発器吸込空気)温度℃3~15-5~15-35~-5※5外気(凝縮器吸込空気)温度℃-20~40配管長最大相当長さm100※1電源電圧V200±10%温度区分項目(単位)●冷凍機使用基準空冷式ロータリースクロールシングルシングルマルチ冷凍・冷蔵用冷蔵用冷凍・冷蔵用冷蔵用冷凍・冷蔵用冷媒―R448A蒸発温度℃-40~10-22~-7-45~-5-22~-7-45~-5吸入ガス圧力MPa0.01~0.670.14~0.61-0.01~0.370.14~0.61-0.01~0.37吸入ガス温度℃20以下※418以下※2吐出ガス過熱度K10以上吐出ガス温度℃110以下100以下※3110以下周囲温度℃-20~43-20~40電源電圧―三相 200V ±10%以内電圧不平衡率―定格電圧(200V)の2%以内最低始動電圧―170V以上配管(有効長)吸入・液配管m100以下※1※1.KRX-T2AV・KX-T6AMV・KX-T7AMV・KX-T8AMVは50m以下。配管長により冷凍能力補正が必要です。また、配管サイズのアップおよび冷凍機油の追加などが必要となる場合があります。※2.吸入ガス過熱度は通常10~40Kの範囲に入るよう調整してください。※3.KX-T10AMVは110℃以下。※4.液バックしないよう、吸込ガス過熱度を調整してください。※5.ロータリー冷凍機と組み合わせて使用する場合は−30〜−5℃としてください。製品区分項目(単位)コントローラー設備設計・据付上のご注意R404Aクーリングシステム セット型インバータースクロールR404Aクーリングシステム セット型スクロールクーリングシステム セット型インバータースクロールR410Aクーリングシステムセレクト型R410AR404A冷凍冷蔵ユニットクーリングシステム セット型インバーターR448A206据付け・取り扱い注意事項R448A

元のページ  ../index.html#207

このブックを見る