R448A スクロールクーリングシステム
50/56

湿度条件貯 蔵 庫TD(庫内温度-蒸発温度)一 般 65~70%高湿度 90%高湿度 80%低湿度 50~60%冷凍食品・アイスクリーム・酪農品(チーズ)・牛乳・マーガリン・ビール野菜類・花果実・卵・精肉鮮魚・塩魚薬品・種子・茶・書籍・燻製魚10℃5℃5~7℃12~15℃(注)湿度は目安であり、運転状況により変化します。TDの設定目安ユニットクーラースクロール冷凍機プレハブ冷蔵庫・冷凍庫■庫内温度の設定冷蔵庫内に収納する商品に合わせて適切な温度を設定してください。■ユニットクーラーの選定●TDの設定TDとは庫内温度(ユニットクーラー吸込空気温度)と蒸発温度の温度差のことで、TDにより冷蔵庫内の温度は変化します。一般的にTDを小さくとると湿度は高くなります。TDは右表を目安として貯蔵物の種類により選定してください。■スクロール冷凍機の選定負荷計算により冷却能力を算出したうえで、冷却能力とTDの選定により、適合するスクロール冷凍機を選定してください。■プレハブ冷凍冷蔵庫の選定選定した庫内温度と商品の収容量に応じて、プレハブ冷凍冷蔵庫を選定ください。標準型幅広い用途に利用できる標準タイプです。庫内温度-20℃以下-20~-10℃-10~3℃3~10℃冷却能力補正係数0.750.75~0.90.9~11●機種の選定ユニットクーラーの冷却能力は、TDによって表示しております。負荷計算により算出した冷却能力に適合するスクロール冷凍機に合ったユニットクーラーを選定してください。なお、入庫商品の種類、冷蔵庫の扉の開閉ひん度などを考慮して機種を選定してください。●着霜による冷却能力の補正仕様表に表示の冷却能力は冷却器が無着霜状態での値であり、実際には、着霜により冷却能力は低下しますので庫内温度により冷却能力を補正する必要があります。必ず表示の例と能力に下表の補正係数を乗じて、冷却能力を補正してください。49機種選定の方法R448A

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る