ビル用 システムフリーZ
93/306

05.06.07.04.03.02.01.0APF2015※205.04.03.02.01.0冷暖平均COP※1224型(8)5.7280型(10)5.7335型(12)6.0400型(14)5.6500型(18)5.4450型(16)5.55.5560型(20)5.55.5670型(24)3.434.033.413.172.983.072.743.062.92615型(22)224型(8)280型(10)335型(12)400型(14)500型(18)450型(16)560型(20)670型(24)615型(22)●高負荷運転時における圧縮機効率イメージ●低負荷運転時における圧縮機効率イメージ容量・型名(相当馬力)容量・型名(相当馬力)お客さまメリット(省エネ性)ガスインジェクションポート付き圧縮機を採用。圧縮機の圧縮室にガス冷媒を直接インジェクションすることで、圧縮機の仕事量を低減できます。これにより、高負荷運転時でも圧縮機効率の良い回転数での運転が可能です。高効率SGシリーズの省エネ技術を踏襲し、Σ熱交換器、低負荷性能向上パス、圧縮機効率を活かした「過冷却サイクル」での運転などにより、低負荷運転時の運転効率を向上します。省エネ性圧縮機効率圧縮機効率圧縮機回転数圧縮機回転数ガスインジェクションサイクルガスインジェクションサイクル過冷却サイクル高負荷運転の場合はガスインジェクションサイクルとすることで、能力を確保したまま圧縮機効率の良い回転数で運転低負荷運転の場合は過冷却サイクルとすることで、低負荷能力に合わせた圧縮機効率の良い回転数で運転※3.従来機:2018年5月まで販売の製品。新型機(RAS-AP○○SSR)過冷却サイクル新型機(RAS-AP○○SSR)過冷却サイクル従来機(RAS-AP○○DSR4※3)過冷却サイクル従来機(RAS-AP○○DSR4※3)●各容量のAPF2015●各容量の冷暖平均COP※1.JRA 4002:2016に基づく。 ※2.JIS B 8616:2015に基づく。ガスインジェクションサイクルを搭載し、高負荷運転時はガスインジェクションサイクル、低負荷運転時は過冷却サイクルを切り換えて運転することで高COP※1かつ高APF※2を実現●サイクル図イメージ(冷房時)アキュームレーター吐出配管吐出配管電磁弁ガスインジェクションサイクルと過冷却サイクル電磁弁室外熱交換器室外熱交換器過冷却器過冷却器室内ユニット室内ユニット主配管主配管バイパス配管室外熱交換器室外熱交換器圧縮機:冷媒の流れ:冷媒の流れガスインジェクションポートガスインジェクションサイクル過冷却サイクルアキュームレーター電磁弁電磁弁過冷却器過冷却器室内ユニット室内ユニットバイパス配管圧縮機膨張弁膨張弁空調負荷に応じて電磁弁を自動で制御することにより、「ガスインジェクションサイクル」と「過冷却サイクル」を切り換えます。※3.ガスインジェクションサイクルと過冷却サイクル。ガスインジェクションポート付き圧縮機日立独自負荷に応じて2つのサイクル※3を自動で切り換えフレックスマルチ ー R (リニューアル型 冷暖切換型) 高効率SSRシリーズ関連ページ室内ユニット ▶ P.155~241据付時のご注意 ▶ P.302室外ユニットオプション ▶ P.294~297空調管理システム ▶ P.251~278リモコン ▶ P.253~25892

元のページ  ../index.html#93

このブックを見る