ビル用 システムフリーZ
74/306

室内ユニット接続可能台数(推奨接続台数)(注3)(注4)接続容量比(注1)接続可能最小容量50~130%(注2)(注7)22型(注5)(注8)■ 室内ユニット接続条件接続容量比は、室内外容量比(室内ユニットの合計容量÷室外ユニットのシステム容量)を示します。接続室内ユニット100%超のシステムで全室内ユニットを同時運転した場合、全体能力は最大100%となります。配管長・温度条件などの能力低下を考慮し、吹出温度の低下などの問題が発生しないよう機器選定をしてください。詳細については技術資料をご確認ください。接続可能台数には、接続室内ユニットの機種・容量・使用環境・据付場所により留意事項があります。選定にあたっては、必ず技術資料をご確認ください。接続室内ユニットにテンプクリーン室内ユニット・外気処理エアコンを含む場合は、推奨接続台数以下としてください。室内ユニット22~36型は、40型以上のものに対し風量が多めに設定されています。暖房時の冷風感などが問題となるような据付場所は避けてください。マルチ型パッケージエアコンに使用している冷媒(R410A)は、それ自体は無毒不燃性の安全な冷媒ですが、万が一、室内に漏れた場合その濃度が許容値を超えるような小部屋では、窒息などの危険があり許容値を超えない対策が必要です。詳細はP.302をご参照ください。室内ユニットの接続容量が室外ユニット容量の100%を超えて運転する場合は、接続容量どおりの能力が出ない場合があります。詳細は技術資料などをご参照ください。また、130%を超える場合はお問い合わせください。低外気冷房運転設定をする場合には、室内ユニットの接続可能最小容量は71型以上としてください。(注1)(注2)(注3)(注4)(注5)(注6)(注7)(注8)224型・・・・・・・・・・・・280型・・・・・・・・・・・335型・・・・・・・・・・・400型・・・・・・・・・・・450・500型・・・・・560型・・・・・・・・・・・615型・・・・・・・・・・・670型・・・・・・・・・・・13(8)16(10)19(10)23(16)26(16)33(18)36(20)40(26)台台台台台台台台730型・・・・・・・・・・・775型・・・・・・・・・・・850型・・・・・・・・・・・900型・・・・・・・・・・・950型・・・・・・・・・・・1000型・・・・・・・・・・1060~1500型・・・43(26)47(32)50(32)53(32)56(32)59(32)64(38)台台台台台台台■ 配管キット(オプション)室外ユニット容量・型名マルチキット型式140以上~224以下140以上~280以下MH-NP288X(8分岐)MH-NP224A(4分岐)MH-NP288A(8分岐)3管部2管部ヘッダ分岐後の室内ユニットの合計容量(型名)ヘッダ分岐<第一分岐以降の配管径およびマルチキット><第一分岐管>(注1)(注2)マルチキットサイズが第一分岐管より大きくなる場合には、第一分岐管サイズに合わせてください。マルチキットの配管径が分岐前より大きくなる場合には、分岐前の配管径に合わせてください。2管部での分岐が必要な場合は冷暖切換システム用のマルチキットMW-NP282A3・MW-NP452A3・MW-NP692A3を使用します。マルチキット型式224・280型335~450型500・560型615・670型730~1500型MW-NP282X3MW-NP452X3MW-NP562X3MW-NP692X3MW-NP902X3室内ユニット容量の合計(型名)159以下160以上~249以下250以上~334以下335以上~449以下450以上~499以下500以上~614以下615以上~729以下730以上~1009以下1010以上低圧ガス管(mm)φ15.88φ19.05φ22.2φ25.4φ28.58φ28.58φ28.58φ31.75φ38.1液管(mm)φ9.52φ9.52φ9.52φ12.7φ12.7φ15.88φ15.88φ19.05φ19.05高低圧ガス管(mm)φ12.7φ15.88φ19.05φ22.2φ22.2φ22.2φ25.4φ28.58φ31.75マルチキット型式MW-NP142X3MW-NP282X3MW-NP452X3MW-NP562X3MW-NP692X3MW-NP902X3ライン分岐[接続配管キット] 室外ユニット間分岐室外ユニット容量・型名接続配管キット型式MC-NP21SX1MC-NP30SX1730~1360型1400~1500型■ 配管施工上の注意事項[マルチキット~室内ユニットの配管形状]運転時の配管温度変化で配管が伸縮室内ユニット室内外接続配管マルチキット室外ユニット曲管部各室内ユニット~マルチキット配管に曲管部があり、変形が生じにくい。推奨例現地施工配管は、冷媒配管の温度変化による配管伸縮を吸収させるため、右図の 推奨例 のように曲管・(水平)ループ管などを設けてください。[マルチキット] 室内外接続配管用分岐(注1)主配管(室外ユニット~第一分岐)をサイズアップ(液管のみ)した場合はレデューサー(現地準備品)が必要となります。NEW224~1500型高効率SSXシリーズFLEXMULTI冷暖同時型フレックスマルチ (冷暖同時型) 高効率SSXシリーズ73

元のページ  ../index.html#74

このブックを見る