ビル用 システムフリーZ
34/306

着霜・着氷抑制熱交換器イメージ図集中コントローラーから特定室外ユニット、任意時間で設定可能(適温適所EX・適温適所NT・適温適所DXのみ)室外ユニット室内ユニット(居室空調)外調機設計会社さまメリット外調機の接続により快適環境を実現高調波対応用アクティブフィルターを用意(オプション)強制的に運転音低減を図る運転音低減機能を搭載しました。使用環境に応じて、運転音を3段階に設定できます。運転音低減機能を搭載●設定例:夜間の運転音を低減(10馬力相当の場合)状況に合わせて設定可能運転音(冷房時)時間昼間昼間夜間72.5dB(設定2)82dB(標準)82dB(標準)(設定1)77.5dB※ (設定2)72.5dB※ (設定3)67.5dB※※16~24馬力の場合は、 (設定1)82.5dB (設定2)77.5dB (設定3)72.5dB80Pa、60Pa、30Paの3段階の高静圧設定(現地設定)により、多種多様な各階設置に対応が可能になりました。室外ユニットの各階設置にも対応高調波対応として、室外ユニット内部に取付可能な、内蔵型アクティブフィルターを用意しました。従来の外付けにより生じていたデッドスペースがなく、室外ユニットをすっきりと連続設置できます。外気処理エアコン(大容量加湿タイプ)エコノフレッシュ(全熱交換エレメント+直膨ユニット)壁ビルトイン型天井埋込型天井埋込型制約条件などの詳細は、技術資料をご確認ください。建築物衛生法対応の大容量加湿タイプ(天井埋込型/壁ビルトイン型)や省エネ性の高いエコノフレッシュ(全熱交換エレメント+直膨ユニット)など多彩なラインアップから選定できます。(注1)(注2)(注3)(注4)夜間など、負荷の小さい条件でのみ使用可能です。強制的に圧縮機回転数・室外ファン回転数を下げるため、能力低下・運転範囲が限定されます。運転音は単体ユニットの場合の目安値です。運転制御状態によっては一時的に表示値よりも高くなることがあります。組み合わせユニットの場合、運転音は表示値よりも高くなります。運転音は音響パワーレベルの値です。〈ご注意〉本製品(別売アクティブフィルター)は、室外ユニットへの組み込み(取付けおよび電気配線作業)が必要となります。室外ユニットへの組み込み出荷(特注対応)の納期、価格については弊社営業窓口までお問い合わせください。現地での取付け(電気配線作業)を実施する際には、電気工事の有資格者による作業が必要となります。※作業内容の詳細は、機種により異なりますので技術資料をご確認ください。 作業内容により、作業に必要な人数などが異なります。昼間82dB→夜間77.5~67.5dB●●近隣の住宅・商店への騒音が心配な場合隣地境界に近い建物がある場合施工会社さまメリットエレベーター※による搬入が可能室内ユニットの接続可能台数を最大64台(1500型の場合)まで拡大しました。これにより、室内ユニットの設置台数が多い建物への対応が可能になりました。室内ユニットを最大64台まで接続可能●施工条件により接続可能台数が異なります。詳細はP.43をご参照ください。外気-10℃までの冷房運転が可能低外気冷房運転設定(現地設定)により、-10℃DBまでの冷房運転が可能になりました。〈ご注意〉室外熱交換器下部に着霜・着氷抑制熱交換器を配置。暖房運転時、減圧前の中温液冷媒を流し、熱交換器下部の着霜・着氷を抑制することで、ユニットベース部の凍結を抑えます。室外ユニットベース部の凍結を抑制●暖房運転時のイメージ図●試験時の熱交換器背面背面側面側面外気温度 : 2℃(乾球)/1℃(湿球)の暖房運転時。製造元の恒温試験室にて撮影。ユニットベースここがポイント※1. 運転状況により変動することがあります。減圧前の中温液冷媒(5~20℃程度※1)を着霜・着氷抑制熱交換器に流すことにより暖房運転時の着霜・着氷を抑制。着霜あり着霜なし膨張弁: 冷媒の流れる方向4方弁膨張弁(減圧)中温液冷媒圧縮機室外熱交換器低外気冷房運転設定時には、接続条件がありますので設計時にご留意ください。・防雪フード(オプション)を取り付けてください。・室内ユニットの接続可能最小容量は71型以上としてください。・現地設定が必要です。設定方法は技術資料をご確認ください。室内熱交換器構成ユニット[224~500型(8~18馬力相当)]ごとに搬入することで11人乗りエレベーター※での搬入が可能です。※JIS A 4301に基づく一般乗用のエレベーター(11人乗り)による。 有効出入口寸法(幅800mm、高さ2,100mm)、奥行1,300mm。(注)本体の寸法については、P.37~40をご参照ください。イメージ冷暖切換型高効率SSシリーズFLEXMULTI224~1500型フレックスマルチ (冷暖切換型) 高効率SSシリーズ33

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る