ビル用 システムフリーZ
292/306

■ 寸法図(てんうめ型 単相100V/200V 共通)KPI-AP151(2)S1KPI-AP251(2)S1KPI-AP351(2)S1KPI-AP501(2)S1KPI-AP651(2)S1KPI-AP801(2)S1KPI-AP1001(2)S1外形型式型式寸法寸法天井吊金具ピッチ相フランジダクトピッチ●寸法対応表100150150200200250250呼び径7807808888889081,1441,144A61073587410169541,0041,231B289289331331404404404C7687688758758951,1311,131D6587829211,0631,0011,0511,278E65658585707777F97.5142142192192242242G110160160208208258258H54646479797979J450530650745692690917K5030553004040L119102124124124165165MKPI-AP1502S1KPI-AP2002S1●寸法対応表1,0041,231A690917B690917C1,0451,272D注 記5.6.7.8.9.10.11.12.室外側ダクト2本(外気および排気ダクト)には、結露防止のための断熱処理を必ず行ってください。なお、夏期冷房時、全熱交本体が設置される雰囲気温度が高温になると予想される場合、室内側ダクト配管(還気および給気ダクト)にも断熱処理することをお勧めします。寒冷地・外風の強い場所や室内外圧力差がある場合には、運転停止時に室外の空気(高温高湿、冷気など)が流入することがありますので電動ダンパーとの併用をお勧めします。雨水の浸入がないよう対策を施してください。フィルター、熱交換エレメント取出側には必ず点検口(□450または、□600)を設けてください。全熱交換器アダプターをご使用の場合は全熱交換器アダプターの点検用として必ず点検口(□450または、□600)を設けてください。天地逆にして取付けることが可能です。縦取付および斜め設置はしないでください。冬期に凍結のおそれのある地域では、全熱交換器停止時における外気(冷気)流入防止として、電動ダンパーなどを併用することをおすすめします。商品本体に雨水浸入がないように室外側(OA、EA)ダクトに雨水浸入対策を施してください。***(例)室外側ダクト2本(外気および排気ダクト)は壁側へ1/30以上の下り勾配をつけてください。直接雨水のかかる場合は必要に応じてウェザーカバーなどをご手配ください。24時間換気を行う場合で、山間部、川、湖などの水辺の近くなど霧の多発地帯で運転を行う場合、高湿度外気流入防止機能の設定をONにしてご使用ください。給・排気口に雨水浸入防止フードを取付ける。室外に向かって下りこう配(1/30以上)になるように十分距離をとって施工する。1.2.3.4.給排気ともに室外側(OA、EA)の圧力損失が室内側(SA、RA)の圧力損失より小さくなるように施工してください。給排気経路各々において、室外側と室内側の圧力損失の比を1:1よりも室外側が大きくなるような施工をすると圧力差により機内での排気空気(RAおよび、EA)の空気漏れが大きくなり、給気(SA)に排気空気の漏洩量が増える傾向になりますので、OA圧力損失/SA圧力損失、EA圧力損失/RA圧力損失が共に、0以上1以下になるように施工してください。片吸込み、片押込みの場合は、10%以上の機内漏れが発生します。給気に排気空気の漏洩量が大きい場合、建築基準法、建築物衛生法、労働安全衛生法などで定められているCO2含有率を満足できない可能性がありますので、施工時にはご注意ください。下記のような条件下で長時間使用した場合、熱交換エレメント内部または製品内部に結露もしくは水垂れが発生し、機外に水が漏れることがあります。また、その状態で長時間使用されると熱交換エレメントが縮んで隙間が発生することがあるので、本機種は使用できません。冬期、外気条件と製品設置場所温湿度条件によって(外気0℃以下で製品設置場所露点温度10℃(例:温度22℃、相対湿度50%)以上)、本体表面およびダクト接続部他が結露、氷結する恐れがあります。外気取入口は、羽虫や小動物の侵入を防ぐようにメッシュ(網)などを取付けてください。・・※※高温多湿(30℃以上の時、相対湿度が80%以上)になる地域霧、もやが多く発生する地帯(湖、川の近くなど)霧、もやが多く発生する地帯では高湿度外気流入防止機能の設定をONにして使用する、もしくは霧、もやが発生している間運転を停止することにより本機種をご使用いただけます。本体天吊取付角度は水平もしくは1°以内にしてください。(吊りボルトピッチ)(吊りボルトピッチ)600以上150~250電気品箱点検ふたダクト方向変更可能位置4-13×20長穴(吊り用)φφダクト方向変更可能位置115配線接続口EA(排気)OA(外気)RA(還気)SA(給気)点検口(吊りボルトピッチ)261,010(吊りボルトピッチ)電気品箱点検ふた4-15×30長穴(吊り用)600以上150~25040791,1444470040φ242φ25840440φ242φ258808115配線接続口270270361404CCより見るEA(排気)OA(外気)RA(還気)SA(給気)点検口メンテナンススペース熱交換エレメントエアフィルター高性能フィルター送風機●KPI-AP1502S1・AP2002S1●KPI-AP151(2)S1~AP1001(2)S1メンテナンススペース熱交換エレメントエアフィルター高性能フィルター送風機(単位:mm)20据付施工図据付施工図排気グリル給気グリルメンテナンススペース本体天吊据付角度は、水平もしくは1°以内点検口(□450mmまたは□600mm)ダクトダクト下り勾配1/30以上(壁側へ)および右下表の距離を確保(雨水侵入防止)リモコン吊りボルト給気グリル排気グリル電動ダンパー(冷気・外風・霧流入防止)深形フード*(または耐外風・霧流入防止フード)メンテナンススペース600以上150~250外気側ダクト距離型 式1m以上2.5m以上KPI-AP151~651S1、KPI-AP152~652S1KPI-AP801~1001S1、KPI-AP802~1002S1EA(排気)OA(外気)※破線のように室外側ダクトの方向が変換できます。*ベンドキャップ、丸形フードは、雨水が直接かかるところでは使用できません。 (雨水が浸入します)OA (外気)EA (排気)※天地逆据付も可能ですSA(給気)RA(還気)全熱交換器点検口全熱交換器OA(外気)OA(外気)EA(排気)EA(排気)全熱交換器OA(外気)EA(排気)全熱交換器点検口ダクト接続フランジを取付けてから、メンテナンスカバーを取りはずし、180°回転させ再度据付けます。ダクト吊りボルト給気グリル排気グリル点検口本体天吊据付角度は水平もしくは1°以内(雨水浸入防止)排気グリルメンテナンススペース熱交換エレメントエアフィルター高性能フィルター送風機排気グリル給気グリル給気グリル給気グリル給気グリル分岐ダクト150~250600以上700全熱交換器点検口RA(還気)全熱交換器SA(給気)SA(給気)RA(還気)ダクト下り勾配1/30以上(壁側へ)電動ダンパー(冷気・外風・霧流入防止)メンテナンススペースOA (外気)EA (排気)※天地逆据付も可能ですOA(外気)OA(外気)EA(排気)EA(排気)全熱交換器全熱交換器点検口ダクト接続フランジを取付けてから、メンテナンスカバーを取りはずし、180°回転させ再度据付けます。ABCDEFFGHJJKLLMMABCD全熱交換器てんうめ型・てんかせ型てんうめ型・てんかせ型換気関連機器291

元のページ  ../index.html#292

このブックを見る