ビル用 システムフリーZ
221/306

タイマー運転高天井対応ドライ風量調整2段風向選択(固定)オートルーバー快適性能--●--●エコノフレッシュ主要機能一覧全熱交連動運転対応集中制御対応遠方制御対応1リモコングループ制御2リモコン運転ワイヤレスリモコン対応制 御-●●●●-加湿器昇降グリル抗菌フィルター脱臭フィルター空気清浄ユニット主要オプション----◎故障診断機能フィルターサインロングライフフィルタードレンアップメカ設計・工事対応力--●●新鮮な空気で快適環境実現高性能フィルター内蔵快適性能設計対応力外気負荷熱処理能力、熱交換効率および加湿量はJRA 4074に基づいた急風運転時のものです。冷房:室内側 27℃(DB)・19℃(WB) 室外側 35℃(DB)・24℃(WB) 暖房:室内側 20℃(DB)・13.8℃(WB) 室外側 7℃(DB)・6℃(WB)外気負荷熱処理能力は、直膨コイル能力を示し、( )内は直膨コイル能力+全熱交換器による熱回収能力を示します。上記のエンタルピー交換効率は、給気と排気の風量比や空気条件により変動します。詳細はテクニカルハンドブックをご参照ください。運転音は無響室にて製品下方1.5mの音圧レベルの値です。※条件によっては建築物衛生法で規定する室内環境を満足できない場合があります。エコノフレッシュを使用して建築物衛生法の温度や湿度の基準値に対応するためには、エコノフレッシュの風量、加湿能力、熱交換能力や、室内空気温湿度、室外空気温度、ドアの開閉などの諸条件を検討して適切な機器を選定する必要があります。(注1)(注2)(注3)(注4)外形寸法(mm)消費電力(急-弱)(W)外気負荷熱処理能力エンタルピー交換効率温度交換効率(急-弱)(%)室内風量(急-弱)(m3/h)全熱換気(急-弱)〔dB(A)〕普通換気(急-弱)〔dB(A)〕加湿器種類加湿量(kg/h)給水圧力(Pa)吸気側排気側運転音加湿器エアーフィルター質量(kg)配管サイズ(液・ガス)(mm)冷房(kW)暖房(kW)冷房(急-弱)(%)暖房(急-弱)(%)室内ユニット容量・型名(相当馬力)単相200V(50/60Hz)主電源本体設置条件外気(OA)空気条件還気(RA)空気条件0℃~+40℃、相対湿度80%以下-15℃~+40℃、相対湿度80%以下-10℃~+40℃、相対湿度80%以下機外静圧(急-弱)(Pa)ヒーターレス36型(1.3)RPIF-AP500K56型(2.3)RPIF-AP800K71型(2.8)RPIF-AP1000K4.01(5.46)4.15(6.18)77/77-80/80.561.5/61.5-66/6867/67-71/72235/305-160/19095/180-61/93500/500-400/36033.5/35.5-29.5/2935/36.5-29.5/292.7W1,016×D1,288×H31757(満水時61)W1,231×D1,580×H398液φ6.35 ガスφ12.76.36(8.79)6.67(10.11)78/78-81.5/8264.5/64.5-69/69.571/71-74/74.5400/510-310/36095/180-61/101800/800-640/60035/36-31/3236/37-32/31透湿膜式加湿器4.02.0×104~49.0×104 高性能フィルター(比色法65%)および不織布フィルター(質量法82%) 不織布フィルター(質量法82%) 91(満水時97)8.13(11.17)8.26(12.50)79/79-81.5/8364.5/64.5-68.5/70.570/70-74/76515/725-450/53095/180-61/961,000/1,000-800/73038/38-34/3239/39-35/335.498(満水時106)液φ9.52 ガスφ15.88エコノフレッシュの合計容量同一室外ユニットにエコノフレッシュとエコノフレッシュ以外の室内ユニットを混在して接続する場合同一室外ユニットにエコノフレッシュのみを接続する場合室外ユニット容量比25%以下室外ユニット容量比100%以下●同一室外ユニットに接続するエコノフレッシュの合計容量には下表の制限があります。 なお、エコノフレッシュの容量は、型名または相当馬力としてください。■ 標準仕様表(エコノフレッシュ)ただし、一般の居室であり、空調温湿度条件であること。したがって、温度差の大きな冷蔵庫などや極端な冷暖房条件では、上記数値内であっても使用できません。(使用条件の相対湿度は温度によって異なります。例えば40℃、80%では使用できません。)室外ユニットの使用条件によって、給気空気-15℃まで対応できない場合がありますので、室外ユニットの使用条件にご注意ください。寒冷地で使用する場合、-10℃以下になると給気用送風機が間欠運転(60分運転・10分停止)を行うことにより-15℃までご使用になれます。(ただし、本体表面の結露防止が必要です。)直膨コイル部の運転範囲目安は、接続する室外ユニットでご参照ください。不織布フィルターに加え、高性能フィルターの内蔵により、クリーンな換気を実現。(注)室内の空調負荷については必ず空調機を併設してください。全熱交換エレメントと熱交換器(直膨コイル)により、外気負荷を軽減し、併設する空調機の負荷を軽減します。さらに加湿器を内蔵し、暖房時は直膨コイルで加温した空気に加湿するため、冬期に必要な加湿能力を実現します。CO2センサー(現地準備品)に対応使用環境や設置場所に応じた給排気バランスを実現リモコンの機能選択により、給気・排気の風量変更可能。使用環境や設置場所に応じた給排気バランスに対応します。中間期の換気モード選択可能多機能リモコン(PC-ARF4・PC-ARFV3)使用により、冷暖房が不要な中間期の換気(単独運転)モード(全熱換気・普通換気・自動換気)の設定が可能です。CO2センサー(現地準備品)を用いてエコノフレッシュの外部信号に接続することで室内のCO2濃度に応じて換気風量を切り替えて外気負荷を軽減します。(※1、2、3)◎:標準装備●使用温度条件(※1)(※2)(※3)CO2センサー対応には設定方法や制約事項がありますので、詳細は弊社営業窓口までお問い合わせください。CO2センサー検知部の濃度は使用環境・製品設置条件などにより異なりますので、ご使用の環境によっては十分に制御できない場合があります。エコノフレッシュ1台にて複数の居室を換気しているような場合、それぞれの居室の異なったCO2濃度をCO2センサーで検知することになりますので 、CO2センサーによる風量切替が十分に制御できない場合があります。設計・施工の際には据付点検要領書などの技術資料を必ずご参照ください。特に寒冷地で使用する場合は、冬期に結露・結氷する恐れがありますので、使用条件や注意事項を必ず確認の上断熱材などの追加工事などを実施してください。なお、外気が-15℃以下の場合は運転停止してください。停止時に加湿器部分が0℃以下とならないように施工してください。減圧電磁弁や加湿エレメントなどが破損することがあります。(注1)(注2)(注3)(注4)全熱交換エレメントを内蔵したユニットをラインアップ省エネで外気取り入れが可能エコノフレッシュRPIF-AP K受注対応関連ページ室外ユニット ▶ P.15~153リモコン ▶ P.253~258室外ユニットオプション ▶ P.294~297空調管理システム ▶ P.251~278室内ユニット (エコノフレッシュ)220

元のページ  ../index.html#221

このブックを見る