ビル用 システムフリーZ
126/306

CH-AP04MSSXCH-AP08MSSX●据え付け時の注意点冷暖切換ユニットは、冷房、暖房の切換えのための電子膨張弁など、機械部分から構成されています。このため所定のサービス点検口を必ず設けてください。サービス点検口は必ず電気品箱側と室内ユニット配管接続側に設けてください。また、冷暖切換ユニットを降ろす場合には別途開口部が必要となります。現地配管の接続スペースを十分確保してください。冷暖切換ユニットからは、運転開始/停止時、サーモオン/オフ時、除霜時、運転モード切換時などの電子膨張弁作動時に動作音および冷媒の流動音などが発生しますので、設置場所は、廊下天井裏など室内に音が漏れない場所(室内ユニット天井リターン施工時の同一天井内も対象)および反響の少ない場所に設置してください。このとき、天井材は石膏ボード(厚さ9mm以上)などの防音効果の高いものを使用してください。冷暖房運転切換時「シュー」という冷媒流動音が発生する場合がありますので、寝室、病室などの暗騒音の低い場所への設置は避けてください。他ユニットとの誤配管防止を図ってください。1.2.3.4.5.(単位:mm)■ 寸法図■ 仕様表単相200V 50/60Hz22.4850以下※12611.2448以下※115160以下※26台※2CH-AP08MSSXCH-AP04MSSX電源消費電力(W)室内ユニット接続可能合計容量1分岐あたりの室内ユニット接続可能合計容量1分岐あたりの室内ユニット最大接続台数製品質量(kg)型式冷暖切換ユニット(集合タイプ)224型および280型の室内ユニットを接続する場合、冷暖切換ユニット1台に対して最大2台の室内ユニットが接続可能です(なお、CH-AP04MSSXは、280型の室内ユニット1台しか接続できません)。接続の際は付属配管にてサイズアップしてください。なお、室内ユニット接続可能合計容量は左記表を守ってください。224型および280型室内ユニットを接続の場合、1分岐あたりの室内ユニット接続台数は1台としてください。※1.※2.電気品箱6735255126019986電気品箱6735255126019986601566760×7=42060液配管接続口(8×φ9.52銅管フレアナット付き)ガス配管接続口(8×φ15.88銅管フレアナット付き)580201101986015650244高低圧ガス配管接続口(I.D.φ22.36)液配管接続口(I.D.φ12.9)38.4543.238.4780アース線接続端子(M5)(電気品箱内)2401763534電源配線接続口(φ26)操作回路接続口(2×φ26)42180低圧ガス配管接続口(I.D.φ28.75)吊り金具4×(12×32長穴)電源端子台(端子ねじM4)(電気品箱内)操作回路端子台(端子ねじM4)室外伝送用(電気品箱内)操作回路端子台(端子ねじM3.5)室内伝送用(プリント板上)EFGHCDBA室外ユニット接続側6015650244高低圧ガス配管接続口(I.D.φ22.36)液配管接続口(I.D.φ12.9)42180低圧ガス配管接続口(I.D.φ25.6)室外ユニット接続側室内ユニット接続側室内ユニット接続側(吊りボルトピッチ)(吊りボルト)ピッチ(吊りボルト)ピッチ(吊りボルト)ピッチ340202563060156606738.4303.238.4110198吊り金具4×(12×32長穴)3417635操作回路接続口540250250液配管接続口(4×φ9.52銅管フレアナット付き)ガス配管接続口(4×φ15.88銅管フレアナット付き)電源配線接続口(φ26)(φ26)アース線接続端子(M5)(電気品箱内)60×3=180電源端子台(端子ねじM4)(電気品箱内)操作回路端子台(端子ねじM4)室外伝送用(電気品箱内)操作回路端子台(端子ねじM3.5)室内伝送用(プリント板上)BADC25630天地M10またはW3/8(現地準備品)M10またはW3/8(現地準備品)300以上点検口点検口(□450)(□450)点検口(□450)400以上100以上100以上100以上500以上500以上5050100100100電気品箱電気品箱点検口(□450)点検口(□450)100以上100以上4×吊りボルト4×吊りボルト50100300以上100据付所要スペース据付所要スペース冷暖切換ユニット(個別・集合タイプ)冷暖切換ユニット125

元のページ  ../index.html#126

このブックを見る