ビル用 システムフリーZ
107/306

■ 電気容量・配線容量型 式②405050607575100100100定格電流(A)27.538.042.052.059.066.579.080.094.5基準電流(A)606060607575100100100スイッチ容量(A)405050607575100100100ヒューズ容量(A)④3.5以上3.5以上3.5以上3.5以上5.5以上5.5以上5.5以上5.5以上5.5以上アース線太さ(mm2)384843554874626282配線こう長(m)過電流遮断器(手元開閉器(S))項 目電源配線[室外ユニットの電気容量・配線容量(単体ユニット)]③81414222238383860最小太さ(mm2)[別電源方式] 室外ユニットごとに電源を配線する方式です。基本的にこの方式で施工してください。渡り電源方式については、技術資料をご確認ください。■ オプションRAS-AP224SSRRAS-AP280SSRRAS-AP335SSRRAS-AP400SSRRAS-AP450SSRRAS-AP500SSRRAS-AP560SSRRAS-AP615SSRRAS-AP670SSR操作回路連絡配線0.75~1.25mm2の2芯ケーブル(型式:VCTF・VCT・CVV・MVVS・VVR・VVF)⑤ ⑥ ⑦①定格感度電流(mA)漏電遮断器(ELB)品 名アクティブフィルターユニット内蔵型型式AF-SUAAF-SUC塗装なし塗装あり※[高調波抑制部品]電源トランス容量(現地準備品)は基準電流(上記)に従い選定してください。基準電流とは表中の電源配線の選定に使用した電流値で、規定の運転範囲で運転した場合の最大電流値です。上記表の電源配線こう長は、電圧降下が2%の時を示します。供給電源電圧は下記を満足するような受電設備としてください。●供給電圧:定格電圧±10%以内、●始動電圧:定格電圧-15%以内、●運転電圧:定格電圧±10%以内、●相間アンバランス:3%以内漏電遮断器(ELB)の定格遮断容量は、電源トランス・電線の長さおよび太さより短絡電流を計算し適切なものを選定してください。漏電遮断器(ELB)は必ず各室外ユニット(冷媒系統)ごとに取り付けてください。複数の室外ユニット(冷媒系統)にまたがって設置した場合、通常の漏れ電流で作動する可能性があります。漏電遮断器(ELB)は高調波対応品を使用してください。室内ユニットの配線容量⑧⑨は、各々の技術資料をご確認ください。アース線はガス管・水道管・避雷針・電話のアースに接続しないでください。室外ユニットの電気容量・配線容量の詳細については室外ユニットの技術資料を参照ください。電源配線の選定はVVケーブルの場合を示し、周囲温度43℃の場合の推奨電源配線太さです。ご使用になる配線の種類および周囲温度により、配線太さの選定が異なる場合がありますので、内線規程(JEAC 8001)に基づいて選定してください。(注1)(注2)(注3)(注4)(注5)(注6)(注7)(注8)(注9)(注10)30または100(0.1sec以下)100(0.1sec以下)(注)接続配管キットとマルチキットについてはP.104をご参照ください。その他のオプションについてはP.294~297をご参照ください。本製品(別売アクティブフィルター)は、室外ユニットへの組み込み(取付けおよび電気配線作業)が必要となります。室外ユニットへの組み込み出荷(特注対応)の納期、価格については弊社営業窓口までお問い合わせください。現地での取付け(電気配線作業)を実施する際には、電気工事の有資格者による作業が必要となります。作業内容の詳細は、機種により異なりますので技術資料をご確認ください。作業内容により、作業に必要な人数などが異なります。※室外ユニットが耐重塩害仕様の場合は、アクティブフィルターは、「塗装あり」品をご使用ください。プルボックスプルボックス室内ユニット側室外ユニット電源三相200V漏電遮断器(ELB)③過電流遮断器①②④⑥⑤⑦⑦⑧⑧⑧⑨⑨室外ユニットA(D種接地工事)③①②④漏電遮断器(ELB)過電流遮断器室外ユニットB室内ユニット電源単相200V漏電遮断器(ELB)過電流遮断器室内ユニット室内ユニットリモコンリモコン①漏電遮断器(ELB) ②過電流遮断器 ③電源配線(室外ユニット) ④アース線(室外ユニット) ⑤操作回路連絡配線(室外ユニット間)⑥操作回路連絡配線(室内・室外ユニット間) ⑦操作回路連絡配線(室内ユニット間) ⑧電源配線(室内ユニット) ⑨アース線(室内ユニット)(注1)(注2)(注3)(注4)室外ユニットの電源はユニットごとに配線し、漏電遮断器(ELB)および過電流遮断器(手元開閉器(S))を各ユニットに必ず取り付けてください。取り付けられていないと感電・火災の原因になることがあります。なお、渡り電源方式(構成室外ユニットを1つの電源で配線する場合)での施工は、制約条件があります。詳細については室外ユニットの技術資料をご参照ください。漏電遮断器(ELB)は必ず各室外ユニット(冷媒系統)ごとに取り付けてください。複数の室外ユニット(冷媒系統)にまたがって設置した場合、通常の漏れ電流で作動する可能性があります。室外ユニットと室内ユニットの電源は別々に取ってください。室内ユニットの電源は必ず同一室外ユニットに接続する室内ユニット群ごと(1電源当たりの室内ユニット合計運転電流容量は15A以下)に設けて配線を接続してください。漏電遮断器(ELB)および過電流遮断器(手元開閉器(S))も各室内ユニット群ごとに取り付けてください。室内ユニット側は室内ユニットの据付点検要領書をご参照ください。室内ユニットの配線容量⑧⑨は、各々の技術資料をご確認ください。フレックスマルチ ー R (リニューアル型 冷暖切換型) 高効率SSRシリーズ関連ページ室内ユニット ▶ P.155~241据付時のご注意 ▶ P.302室外ユニットオプション ▶ P.294~297空調管理システム ▶ P.251~278リモコン ▶ P.253~258106

元のページ  ../index.html#107

このブックを見る